連帯保証人への意思確認

お客様がお部屋をご見学され気に入って頂き入居申込みをされた場合、次に入居審査へ移行する訳ですが審査事項の一つに「連帯保証人の意思確認」があります。要するに「契約予定者の連帯保証人となることを承諾しているか。」の確認です。

自社物件の場合こちら側が、他社物件の場合管理会社が連帯保証人へ連絡をします。

契約予定者の連帯保証人へお電話する訳ですが・・・

「初めまして、私、神奈川県川崎市にあります不動産会社で登戸エステートサービスの島村と申しますが○○様のご自宅でいらっしゃいますでしょうか。この度○○△△様にご入居のお申込みを頂きました○○○○マンションの管理(仲介)をしている会社のものでございます。△△様がご入居申込の際に連帯保証人として□□様を立てて頂きました。恐れ入りますが連帯保証人としての意思確認を取らせて頂きたくご連絡を差し上げました。□□様はいらっしゃいますでしょうか。」と伝え、連帯保証人と話し、意思確認を取らせて頂きます。

連帯保証人より色々尋ねられることがあります。

意思確認が終わると連帯保証人の方から当物件につき色々尋ねられることがあります。「治安は良いのか。」「近隣トラブルはないか。」「事故物件ではないのか。」等々・・・確かに自分の子が初めて一人暮らしをする場合ですと心配ですよね。少しでも安心してもらうため一つ一つ丁寧にお答えします。現状登戸は治安良しと思っていますし。又、事故物件の場合事前に告知しておかなければなりませんので。

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

内見時に他からの申込み 残念ですがあり得ることです。

今日はお客様のお部屋見学でした。

物件現地でお待ち合わせしているとお客様は車で見えました。

管理会社さんへ「空いている駐車スペースに駐車して良いか。」確認の電話をすると・・・「その部屋は今(入居)申込みが入りました。」とのことです。

内見当日に再度空室確認をして、さあ内見 という時に(他から)申し込みが入ってしまう。・・・

〇〇〇マンション205号室は唯一無二ですので残念ですがあり得ることです。

私は2度目の経験です。

しかしお客様はこの物件に期待していたようでして・・・

気に入って頂いても2番手になるため微妙な雰囲気でした。・・・

その後もう一部屋ご内見して頂きお客様にはまた情報提供を続けることをお約束し解散しました。

事務所に戻るとSUUMOから販促グッズが届きました。

SUUMOにも広告を載せることにしましたので。

特に路線地図はいつになっても便利です。

さあ気を取り直し入稿作業です。

 

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

上下左右の世帯の生活音がうるさい。

最近お部屋探しで多いのが上下左右いずれかの世帯の生活(騒)音に我慢できず引越しを考えているというお客様です。

そのようなお客様ですと条件の第一希望が「静かな部屋」であるということだったりします。

そのようなお客様におススメの部屋がJR南武線中野島に出ました。

上の世帯・・・最上階ですのでありません。

下の世帯・・・階下は大家さん使用の倉庫ですので人は住んでおりません&歩き方など(階下に)気を遣う必要もありません。

左の世帯・・・角部屋ですのでありません。

右の世帯・・・壁一枚ではなく、収納と水廻りをはさんでいますのであまり気にならないかと思います。

詳細はこちらです。

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

入居は超急ぎ・初期費用は10万円以下で

お客様より、とある物件にお電話でお問合せを頂きました。

すごく入居をお急ぎのようですのでお話をお伺いしてみますと・・・

①夫婦で入居(夫は外国籍)

②賃料5万円以下希望

③急な引っ越しなので初期費用は10万円以下希望

④訳アリで3日以内に契約書を提出しなければならないところがある。

とのことです。・・・

そうなるともうご紹介できるのは融通の効く自社物件のみです。

①は何とかなります。(ご夫婦のどちらかが日本語を話せれば)

②も何とかなります。(間取りは1Kでも良いらしいので)

③ですが月の収入は少ないそうなので本来保証会社をご利用頂きたいところですが初期費用が10万円だと・・・前家賃が5万円、室内清掃費3万円、火災保険料15,000円(もちろん敷金、礼金、仲介手数料が全て無料でないとなりません。)だけでギリギリです。ということは保証会社は利用できません。

④ですが「3日以内に契約書を提出しなければならない」イコール3日以内に契約を完了させなければならない。

③と④は難しいのですが何とか物件を探し、ご紹介するとこれから見学したいとのことです。

物件現地でお客様とお待ち合わせし、見学してもらい「入居審査申込書」と「連帯保証人承諾書」をお渡ししました。

「一日で契約必要書類と初期費用をご用意頂ければ何とか間に合わせたいと思います。」とこちら側としてはご協力したつもりでしたがその後お客様より連絡はありません。

まあお客様も決断がつかなかったのでしょうね・・・

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

物件内見後、即入居申込みはキャンセルの可能性大・・・です。

昨日、当店管理アパートに仲介会社さんより問合せがありお客様が内見希望とのことです。

ご内見して頂いた直後に仲介会社さんより連絡があり

「お客様はこの物件に決めたいそうなので入居申込します!」

「お客様は急いでいるので1週間後に入居したいそうです。」とのことです。

私の経験上ですが物件内見後、即入居申込み(特に入居を急がれている場合)されるお客様はキャンセルの可能性大です。

入居申込書は届いたのですが案の定、今日になり仲介会社さんより連絡があり「すみません、時期なお早でキャンセルになりました。」とのことです。

それでも少しは期待をしていたので残念でしたが

「かしこまりました。またよろしくお願いします。」と伝えました。

まあ入居申込後何日も経ってからや契約の間際でキャンセルになったりするより良いです。

さーまたこの部屋を借りて頂けるお客様を探そう。

 

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

ごもっともです が・・・

お部屋探しのお客様が飛び込みでご来店されました。

お客様「今日は初めて(の内見)なので出来るだけ物件を見たい。」

お客様「10件くらい内見したい。」

お客様「(今日は内見だけなので)決めない。」

お客様「次回、他の不動産屋も廻ってみて(その不動産屋で)決めたい。」

事故物件の検索

「事故物件」に好んで住む人がいるそうです。

「事故物件」と言っても色々ありますが相場より安い家賃で借りられるからです。

もし「事故物件を探してるんだけど。」というお客様がご来店された場合

(まあ来ないとは思いますが)・・・

事故物件=事前に「告知」しておかなければならないので

レインズで物件を探す時、備考欄に「告知事項」と入力して検索すると・・・

物件一覧が表示されます。

この検索方法は私も先程知りましたが。

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

見学なしでの入居申込み

ポータルサイト経由のお客様より、とある登戸のマンションにメールで問い合わせを頂きました。

お客様「この物件の資料を下さい。」

私「かしこまりました。メールで送ります。」

(次に)お客様「入居申込書を下さい。」

?見学をせずに入居申込み?

・・・というのも

現在遠方に住んでおり登戸まで見学に行けませんとのこと。

次回上京できる日=入居開始日のようです。

それでは仕方ないですね。

見学をせずに入居申込みをする際の注意事項をお知らせしまして。

それでも良ければ是非当物件にお申込み下さいとお伝えしました。

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

荷物が残ってますが・・・

知人よりご紹介頂きました土地ご購入希望のお客様ですが

とある古家付き物件のご見学を希望されました。

古家が使えればリフォームして使いたいとのことです。

元付会社へ古家の室内も見学可能か問い合わせますと・・・

「荷物が残ってますが見学可能です。」とのこと。

「残ってても少しだろう。」と勝手に想像し、室内を見学させて頂くことにしたのですが・・・

残ってる荷物?ゴミ?の量が半端なくすごかったです。全部屋荷物?ゴミ?であふれてました。

売主にお立会い頂いたのですが一人で全て片付けるつもりだそうです。・・・

室内が空になったら再見学しましょうとお客様と約束し解散しました。

 

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。

仮予約ご希望のお客様

先日のことです。

ご見学を終えたお客様より

「仮予約ってできますか?」との質問です。

通常物件を押さえるには本申込しか受付けません。

「仮押さえ・仮予約」ってできないものですが

しかし前向きに考えて頂いてると感じ

大家さんに事情を話して承諾をもらい

「(仮)入居申込書にご記入頂ければ数日待ちます。」

ということにしました。

一般媒介物件ですとこうはいきませんが・・・

数日待ちお客様より「契約手続きを進めて下さい。」という嬉しい返事をもらいました。

あー良かった。

柔軟にご対応頂きました大家さんにも感謝です。

できることにはなるべく柔軟に対応して行きます。