連帯保証人への意思確認

お客様がお部屋をご見学され気に入って頂き入居申込みをされた場合、次に入居審査へ移行する訳ですが審査事項の一つに「連帯保証人の意思確認」があります。要するに「契約予定者の連帯保証人となることを承諾しているか。」の確認です。

自社物件の場合こちら側が、他社物件の場合管理会社が連帯保証人へ連絡をします。

契約予定者の連帯保証人へお電話する訳ですが・・・

「初めまして、私、神奈川県川崎市にあります不動産会社で登戸エステートサービスの島村と申しますが○○様のご自宅でいらっしゃいますでしょうか。この度○○△△様にご入居のお申込みを頂きました○○○○マンションの管理(仲介)をしている会社のものでございます。△△様がご入居申込の際に連帯保証人として□□様を立てて頂きました。恐れ入りますが連帯保証人としての意思確認を取らせて頂きたくご連絡を差し上げました。□□様はいらっしゃいますでしょうか。」と伝え、連帯保証人と話し、意思確認を取らせて頂きます。

連帯保証人より色々尋ねられることがあります。

意思確認が終わると連帯保証人の方から当物件につき色々尋ねられることがあります。「治安は良いのか。」「近隣トラブルはないか。」「事故物件ではないのか。」等々・・・確かに自分の子が初めて一人暮らしをする場合ですと心配ですよね。少しでも安心してもらうため一つ一つ丁寧にお答えします。現状登戸は治安良しと思っていますし。又、事故物件の場合事前に告知しておかなければなりませんので。

ポータルサイトや他社サイトで気になるお部屋がございましたらお気軽にご相談下さい。